Blog&column
ブログ・コラム

寝違えした時は冷やす、それとも温める?

query_builder 2022/01/15
コラム
23

起きた時に寝違えしたことに気付いたら、冷やすのと温めるのでは、どちらがよいのでしょうか。
今回は寝違えた際、どちらの選択が正しいのかを見ていきます。

▼寝違えた時の対処は冷やすから温める
寝違えた時の対処は、冷やしてから温めるのが正解です。

■寝違えは炎症を起こしている状態
起き抜けに首や肩に痛みを覚えた時、「寝違えをしてしまった」と首を回したり、肩をもんだりしている方も多いでしょう。
けれど、これはやってはいけません。
寝違えとは、その部分に炎症を起こしている状態だからです。
首を回したり、もんだりすると血流がよくなりますので、炎症をさらに悪化させてしまう可能性があります。
そのため、寝違えをしていると気付いた時点で、できるだけ動かさないことが重要です。

■まずは冷やす
炎症を起こしている場合は、まず冷やすことで血液の巡りを鈍くします。
血流が悪くなると痛みが和らぎますので、保冷剤をタオルで巻いたり、冷たい湿布薬を貼るのもいいでしょう。
ただ、冷やし過ぎると正常な筋肉まで冷えてしまい、体全体の血流が悪くなってしまいます。
ですので、冷やすのは1時間程度がベストです。

■冷やしたら温める
冷やしたことによって痛みが和らいだら、その後で温めます。
ただし、急激に温めるとまた痛みが戻ってきますので、冷やした部分の血流を少しずつ戻すような感じで温めましょう。
首の寝違えならタオルを巻く、肩ならバスタオルを羽織るといった方法で、少しずつ温めるのがポイントです。

▼まとめ
寝違えは急激な炎症ですので、「冷やすのが先で温めるのが後」と覚えておくといいですね。

関節専門院 こたろうは名古屋市はもちろん県外からも整体師を目指す方向けのスクールを運営しています。
授業は完全予約制なので、ご自身の都合に合わせて通うことができます。
完全未経験者でも問題ございませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 愛知県のまだ夢がない方へ

    query_builder 2021/11/08
  • 人の役に立ちたい方へ

    query_builder 2021/10/22
  • 生理痛や生理不順を整体で緩和できるって本当?

    query_builder 2022/07/01
  • 整体と整骨院の違いとは?詳しくご紹介

    query_builder 2022/06/15
  • 整体で集客するためには?ポイントをご紹介

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE