Blog&column
ブログ・コラム

腰痛は温めるのと冷やすのではどちらが良いの?

query_builder 2021/11/09
コラム
11

「腰痛は温めるべきなのか冷やすべきなのか分からない」とお考えではありませんか。
対処してみたら痛みが強くなったという経験をお持ちの方もいらっしゃいますよね。
そこで腰痛が出た時の対処について紹介しますので、ぜひ参考として内容をチェックしてみてください。

▼腰痛が出た時の対処
急性・慢性どちらなのかによって、腰痛への対処は違ってきます。
温めるべきか冷やすべきか、痛みの状況別に見てみましょう。

■急性の腰痛は冷やす
ぎっくり腰のように急性の腰痛が出た時には、冷やす必要があります。
なぜなら急性の痛みは筋肉や靭帯に傷が付いており、炎症を起こしている可能性が高いからです。
温めてしまうと症状が悪化する可能性があるため、気を付けましょう。

■慢性の腰痛は温める
長く続いている慢性の腰痛では、温めると痛みが和らぐ可能性があります。
痛みがある周辺の筋肉が緊張していて、血流が悪くなっている可能性があるからです。
慢性の腰痛なら、なるべく冷やさないようにして、血流を良くしましょう。

▼まとめ
ぎっくり腰など急性の痛みは冷やすと効果的ですが、慢性の痛みなら温めると和らぐ可能性があります。
状況に合わせて適切な対処をすると痛みを緩和できる可能性があるため、意識してみてくださいね。

関節専門院 こたろうは名古屋市はもちろん県外からも整体師を目指す方向けのスクールを運営しています。
授業は完全予約制なので、ご自身の都合に合わせて通うことができます。
完全未経験者でも問題ございませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 愛知県のまだ夢がない方へ

    query_builder 2021/11/08
  • 人の役に立ちたい方へ

    query_builder 2021/10/22
  • 骨盤矯正の効果が出るまでの期間とは?

    query_builder 2021/12/01
  • 骨盤矯正の効果とは?

    query_builder 2021/11/28
  • 骨盤矯正とはどういうもの?

    query_builder 2021/11/25

CATEGORY

ARCHIVE